• 【PFMOH】熱を帯びた
  • 【PFMOH】熱を帯びた

【PFMOH】熱を帯びた

周囲が熱を帯びて来た。
火の谷が近いのだろう。
あの時のアタックもそうだった。
俺と××××××はあえて火の谷を抜けるルートを選択した。
別に火炎石が欲しかったわけじゃない、あそこは商人が多かったからだ。
人を使って火炎石を回収に行かせる奴もいるが
信用できない冒険者は支度金だけを持って火炎石と居なくなることの方が多い。
だから商人たちでパーティを組んで火の谷を目指す。
そのまま商材をもって北の登山道から下山して北の国へと向かうんだ。
実際ベースキャンプを作った商隊に出くわし補給は予想以上に容易に行えた。
だが俺たちは未熟だった。
××××××が死んだ。
死体も地上へ降りることは無いだろう。
黒く焼き焦げた××××××が崩れ落ちるのを俺は見ていたからだ。
あえてここを通るのは、俺のエゴと、あいつへの弔いの部分が大きい。
二人には迷惑をかける事になる。
そして、これは戒めだ。
俺はもう二度ともう仲間を失わない。

ガストレックスの撃退で助けられた奴隷聖女に別れを告げ俺たちは火の谷へ向かった。

ヒフィ・ガロ:illust/87976044
ポーション:illust/87857471

2章ジョージ・ヒフィ・ガロは火の谷の遺跡へ向かいます。
ダイス判定では無傷で深緑の大草原を通過しました。
宝箱は無視しました。
ポーションさんは1章臨時のためパーティはあと1枠開いています。
何らかの機会があれば。
翻译
  • 188
  • 278
  • 1,263
2021年03月15日 上午11点17分